有酸素運動と無酸素運動

有酸素運動とは筋肉に弱い力がかかり続けるときに、エネルギー源として体の中に蓄えられてる体脂肪を燃焼させることを言います。

燃焼するには酸素が必要になり、20分以上続けると脂肪燃焼が起こります。

脂肪燃焼が起これば脂肪が燃えるわけですからその分痩せられる。

つまり、ダイエットになります。

有酸素運動になるような運動は、エアロビクス、ウォーキングやゆっくりとした水泳などがあります。


反対に無酸素運動というのもあります。

有酸素運動に比べて無酸素運動は筋肉にためておいた糖質を使います。

酸素を必要としないので、短時間の運動しかできないのですが、筋肉を鍛えることができます。

早い話が基礎代謝量を増やすということです。

運動としては、筋力トレーニングや短距離走などがあります。

ダイエットには有酸素運動も無酸素運動も必要なのです。


ところで有酸素運動はなぜ20分以上必要なんでしょうか?

20分までに使われる脂肪というのは血中の脂肪です。

血液をサラサラにするには十分な時間なのですが、脂肪細胞を燃やすには足らないのです。

20分後から使われる脂肪が内臓脂肪や皮下脂肪なのです。

血中の脂肪を使い終わると、やっと皮下脂肪や内臓脂肪が使われるようになるというわけです。


有酸素運動がいいといっても最初から無理して頑張ってしまうと、息切れして呼吸が浅くなってしまいます。

呼吸が浅くなると脂肪を燃焼するのに必要な酸素が不足するので、無酸素運動になってしまいます。

無酸素運動になると糖質ばかりが使われ、体脂肪が燃焼されません。


運動するのはちょっと空腹の方がいいのですが、朝は血糖値がいちばん低いので何も食べずに運動をするのは危険です。

エネルギー源は糖質だから、注意して運動しましょう。


筋力トレーニングで筋肉を増やすことで有酸素運動の効果を高める。

筋力トレーニングは無酸素運動でしたよね。

筋肉をつけることでエネルギーをたくさん消費させ、基礎代謝量を増やすことができます。


寝ているときも脂肪を燃やしてくれるので、痩せ体質になるのです。

寝ている間もなんて聞くと、筋力トレーニングしたくなってきます。

体全体を鍛えるには大きな筋肉を鍛えるのがいいのですが、一体全体どうするのが効果的なのでしょうか。


たとえばダンベル体操なら1Kg位で十分です。

きつすぎない運動がベストですね。

ウォーキングをしたら、スクワットという形で、有酸素運動の間に無酸素運動を取り入れたりするといいです。

そうすることで、効率よく、エネルギーを燃焼させることができます。

時間的には決まりはありませんが、ストレッチや有酸素運動を交えて無理をせず、自分のからだに合わせて続けられる運動をするといいでしょう。


今まで、何もスポーツをしてない人が、いきなり激しい運動をしたら1日で挫折して次の日には筋肉痛で動けなくなってしまいます。

なので婚カツのためにも無理せず頑張りましょうね。

Lーカルニチン

Lーカルニチンは脂肪酸をミトコンドリアに運び、燃焼させる役割をしています。
(ミトコンドリアは酸素呼吸の場と言われてます。)

脂肪酸だけではミトコンドリアに入り込むことができないのでLーカルニチンが脂肪酸を燃焼させる手助けをしていることになります。


Lーカルニチンを摂取することで、脂肪酸の燃焼や発熱量が上がります。
脂肪酸が燃焼するのでダイエットができ、筋肉質な体を作ることもできます。


Lーカルニチンは、アミノ酸のリジンとメチオニンがあれば体の中で作られるのですが、Lーカルニチンには欠点があります。

それは、残念なことに、20代をピークにして、Lーカルニチンは合成される量が減っていくということです。

年齢とともに痩せにくくなるのは、Lーカルニチンの減少にあるのです。

Lーカルニチンが体の中で作られないのなら、食品で取るしかないですよね。
そこで、Lーカルニチンが注目されるようになったというわけです。


ではLーカルニチンを効果的に取るにはどうしたらいいのでしょうか?

実はLーカルニチンは、羊肉やマグロ、鰹などに多く含まれています。

が、必要な量を摂取するには毎日数百グラムの肉や魚を食べなければいけないのです。

毎日数百グラムです。 
なんかかえって太りそうです。


そこでLーカルニチンサプリメントの登場です。

Lーカルニチンのサプリメントはたくさんの種類が出てます。

Lーカルニチンは今まで医薬品しか認められていなかったのですが、日本でもようやく発売可能になりました。


でも実はLーカルニチンのサプリメントはボディービルダーの間では、古くから使われていてロングセラーのサプリメントなんですよ。

だからといって間違えないでくださいね。

Lーカルニチンはやせ薬ではありません。

あくまでも、健康補助食品として使ってください。


Lーカルニチンの一日の摂取量の目安は30〜60mgほどです。

50歳を過ぎてる方は、80mgくらいでいいでしょう。

効果を上げたいといってたくさん飲んでも、効果は上がりませんから。

飲んだとしても、悪影響にはなりませんが尿として排出されるだけです。


Lーカルニチンを摂取するタイミングは、活動を始める前が効果的です。

つまり朝がいいです。

でも、飲むだけではダメです。

運動をしないといけませんね。

ですから有酸素運動を併用するようにしましょう。

1度にたくさん飲むより、1日に数回に分けて毎日続けることが大切です。

3日坊主じゃダメです。(笑)


Lーカルニチンの効果は、脂肪の燃焼だけではありません。

実は疲労回復や脳にも効果があると言われています。


効率よく脂肪を燃焼させるためにLーカルニチンを1日3回に分けて飲んで、規則正しい生活を心がけましょう。